ICT自分記コンシェルジュ協会

ICT自分記コンシェルジュ協会

協会概要

協会概要・活動目的

一般社団法人ICT自分記コンシェルジュ協会(AIJC)は、ICTを活用した新しい概念の記録の仕組み(「自分記」)の利用者が必要とする各種の支援等を行う人材「ICT自分記コンシェルジュ」の養成と「自分記」の普及を図ることと、これ等の活動を以って経済・社会の発展に寄与することを目的として設立しました。

具体的な事業としては、定款の第4条にあるとおり、当法人はこれらの目的を達成するため、次の事業を行って行きます。

  1. 一. ICT自分記コンシェルジュ人材養成並びに資格審査と認定事業
  2. 二. ICT自分記コンシェルジュ人材が関わる産業振興に関する事業
  3. 三. ICT自分記コンシェルジュサービス産業関連技術の研究開発の促進
  4. 四. ICT自分記コンシェルジュサービス産業の開発及び利用の促進
  5. 五. ICT自分記コンシェルジュサービス産業に関する国際交流の促進
  6. 六. ICT自分記コンシェルジュサービス産業に係る行政施策に関する建議
  7. 七. 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

協会のビジョン

協会の近未来のビジョンとしましては、まだ発起したての小規模な組織ですので、様々の関係する企業やNPO、ボランティア団体、等の法人、地方公共団体とも深く連携しながら、ご意見を取り入れながら、手さぐりで上記の目的をなるべく早く達成できるように努力していく所存です。

本年度の事業計画としましては、

  • 1)  幾つかの企業等の共同プランを提案しながら働きかけをし、可能な限り試行していく、
  • 2)  行政や各自治体に働きかけをして、共同プランを作り、試行していく、
  • 3)  特に、人の「生きがいを取りもどし、健康と若さを育む活動」として極めて有効と考えており、
        老人関連施設を中心に働きかけを行っていく、
  • 4)  PC講習を受けている方々に具体的なPC活用の目的として提起、提案していく、

そして、

  • 5)  ICT自分記コンシェルジュ人材資格の審査認定基準作りと養成事業に取り組む、

とします。

本来、想定する自分記の利用者としては老若男女を全く問わないのですが、昨今の経済状態を鑑みながら、元気のいい年配やお年寄りの方々が多く集まっている団体、組織等にいろいろな機会に働きかけをして行きたいと思っております。
各種研究機関にも働きかけをして、3、4)等の有効性の検証の研究を提案していくことも視野に入れております。

ページの先頭へ戻る